乾燥肌になってしまう原因 - 乾燥肌・敏感肌の化粧品選び方

乾燥肌になってしまう原因

肌のタイプを大きく3つに分けると、オイリー肌、普通肌、乾燥肌に分類できます。
中でも乾燥肌はさまざまな肌トラブルを招く原因となってしまうため、乾燥肌対策や改善に力を入れている女性も多いののです。
そもそも乾燥肌になってしまう原因とは何なのでしょうか。
乾燥肌とは肌の潤い成分が減少している肌のことをいいますが、そのような肌状態になってしまう原因は一つではありません。

乾燥肌の原因の一つに間違ったスキンケアが挙げられます。
毎日美肌のためにと頑張って使用しているスキンケア製品、その使い方が誤っていると肌の乾燥を招いてしまいます。
誤ったスキンケアの一つが、皮脂のとりすぎです。
クレンジングや洗顔でメイクや肌の汚れを落としているかと思いますが、洗顔料やクレンジングによっては洗浄力が強すぎてしまって肌に必要な潤いまで洗い流してしまっているのです。
またクレンジングやメイクの時にゴシゴシと肌をこすってしまうと肌の表面を傷つけてしまって、表皮の潤い成分が逃げやすくなってしまうのです。

食事や食生活も乾燥肌を引き起こす原因になります。
肌の代謝に必要となるビタミンやミネラルが足りていないと、お肌が乾きやすくなるのです。
食事だけでなく生活習慣も乾燥肌を引き起こします。
睡眠不足が続いてしまうと、肌の回復機能が遅れてしまって肌のダメージが回復されにくくなります。
また強いストレスを受けてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい肌荒れや乾燥肌が起こりやすくなるのです。
またストレスによって体の血流が悪くなるのですが、その影響で肌に十分な潤いや栄養が届きにくくなり肌が乾きやすくなります。

乾燥肌用化粧品ブランド「ディセンシア」のアヤナスは、乾燥肌の人におすすめです。