敏感肌の原因 - 乾燥肌・敏感肌の化粧品選び方

敏感肌の原因

敏感肌とは肌のバリア機能が低下しており、ちょっとした刺激でも肌が反応してまって炎症やかゆみといった症状が出てきます。
敏感肌になってしまうと、スキンケア製品を使うとヒリヒリと違和感を感じる、髪が触れている部分がかゆいといったような詩症状が現れやすくなります。
敏感肌になってしまう原因は一つではありませんし、複数の要因が重なり合って敏感肌を引き起こすこともあります。

間違ったスキンケアによって敏感肌を引き起こすこともあります。
メイクや肌の汚れをそのまま放っておくと肌トラブルを引き起こす原因になるのは事実です。
しかしながら、メイクや肌の汚れをしっかり落とすために洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使い続けていると肌に必要な潤いも一緒に失われてしまうのです。
敏感肌の方は外部の刺激を受けやすくなっているのですが、それはバリア機能が低下しているからです。
お肌には外部の刺激から肌を保護してくれるバリア機能が備わっており、その重要な役割を果たしているのが潤い成分なのです。
潤い成分が不足することで外部の刺激を受けやすくなりますので、肌に必要な潤いをキープしないとバリア機能を維持することが難しくなります。
それなのに一生懸命肌の汚れとメイクを落とすことに必死になっていると、敏感肌はいつまでたって改善されないのです。

肌に合わない化粧品やシャンプーを使い続けていることも、敏感肌を引き起こしたり悪化させる原因を作ります。
合わない化粧品やシャンプーを使っていると、それが肌に刺激を与え続けることになるので敏感肌の症状を悪化させてしまうのです。