敏感肌を予防する方法 - 乾燥肌・敏感肌の化粧品選び方

乾燥肌・敏感肌の化粧品選び方 > 敏感肌を予防する方法

敏感肌を予防する方法

敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態であり、肌が外部の刺激を受けてかゆみや炎症を起こしやすい状態になっています。
敏感肌になると肌の潤いはハリも失われて、老けて見える、たるみが目立つと肌印象を悪くする原因にもなってしまいます。

敏感肌を予防するためには、日ごろのスキンケアや生活習慣の見直しが大切になってきます。
現在使用しているスキンケア製品を使って、ヒリヒリ感や刺激を感じる場合は敏感肌を悪化させることにつながりますので、使用を控えましょう。
肌に刺激を感じた場合は敏感肌の症状が出てきている証拠ですから、低刺激の化粧品に切り替えるのです。

また普段使用しているクレンジングですが、オイルクレンジングや拭き取りタイプのクレンジングを使っていると洗浄力が強すぎてしまうのです。
バッチリメイクをしたときは有効かもしれませんが、薄化粧の時まで洗浄力の強いクレンジングを使っていると肌の潤いも失われてしまって、肌のバリア機能が低下してきます。
近頃はクレンジングの機能も向上しており、汚れをしっかりと落としてくれても肌に必要な潤いは残してくれる製品も出てきていますので、敏感肌の方はそいうったクレンジングを積極的に使いましょう。

紫外線予防もしっかりと行いましょう。
紫外線は肌に大きなダメージを与えてしまって、肌の保湿機能を低下させてしまい敏感肌の症状を起こす原因になります。
紫外線は一年中降り注いでいますから、一年を通して紫外線ケアを徹底しましょう。
日焼け止めクリームもSPFの強さで選ぶのではなく、肌に優しいものをえらび、こまめに塗り直した方が紫外線防止効果が高まります。